筋トレをまず行う

フィットネスクラブを見てみると、エアロバイクやランニングマシンのような有酸素運動をするマシンと筋トレのできるマシンが置かれているはずです。両方のトレーニングを行う場合には、まずウェイトトレーニングのマシンを使って鍛えることが大事です。

筋トレを最初に行うことで、体が無酸素状態になります。重たいものを持ち上げるときには息を止めます。だから無酸素になるのです。無酸素状態になると、成長ホルモンといって脂肪の分解を促す働きのある物質が多く分泌されます。

まず無酸素運動をして、そしてエアロバイクやジョギングのような有酸素運動をすると成長ホルモンの働きによって、どんどん脂肪が燃焼します。また筋トレによって酸素の欠乏している状態になりますので体が酸素をより多く求めます。このため、いきなり有酸素運動を始めるよりも多くの酸素を取り入れられるようになります。また最初は体の糖分がエネルギー源になるので筋トレをして、まず体内の糖分を消費します。それから有酸素運動を始めれば、より早い段階で体脂肪を燃やしてエネルギー源にしようとします。その意味でも有酸素運動を始める前に筋トレをして、体を温めた方が効果的なダイエットができるわけです